ワキが汚い!ワキをきれいにする方法とは?

ワキが汚い!ワキをきれいにする方法とは?

ワキが汚い!ワキをきれいにする方法とは?

【おススメ】
え?ウソみたいだけどほんとのハナシ! ワキ脱毛が勧誘もされず追加料金もナシで100円だけで可能

 

※ミュゼの12月のキャンペーン期間に申し込みすると100円だけで追加料金ナシでワキ毛とVラインが回数無制限で脱毛し放題となります。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 


 

ミュゼ疑問
Q:高校生ですが、ワキが汚いです、剃った後にすごく黒ずんだり、赤くなったり、シワしわだったりとかなりワキが汚いです。
脱毛したらキレイになりますか?
自分ではワキ毛処理が一番ワキが汚い原因だと思います。

 

A:ワキが汚い人のためのワキをきれいにする方法とは?

 

半袖やタンクトップ、チューブトップなどを着る季節になるとワキが気になります。男性にとってもたまに見えるワキがドキッとするという人もいるし女の人にとってはお手入れが気を抜けません。

 

ワキ毛は当然生えていない方がいいんですが、困ったのがワキが汚いという悩みです。

 

実は、ワキが汚く見える原因は色素沈着です。これをキレイにするには、今のワキ毛処理方法を見直すのが一番の解決方法になります。

 

 

ワキの色素沈着はどうして起こる?

 

ワキの色素沈着は、ワキをきれいに見せようと一生懸命ワキ毛処理する人に見られます。皮膚が傷つくぐらいの強さで処理してできるだけ短く剃れるようにしたり、処理する頻度が短くて必要な回数よりも短期間で繰り返し剃ることで皮膚に負担がかかることで起こります。

 

カミソリは皮膚が切れないように安全に作られているものを使っていても、肌がデコボコしていたりデキモノ、荒れていたりしているときに使うとヒリヒリしませんか?そういうとき、肌に負担がかかっていると実感しますよね。

 

ここで擦り傷や切り傷などのケガをしたときのことやその痕があれば体で実際に確認して欲しいのですが、傷跡は茶色っぽく色が変わってしまいます。カミソリでワキ毛を過剰に剃り続けたり、強い力で剃ることはワキの皮膚を傷つけているのと同じなので色素沈着を起こして汚く見えるようになってしまうのです。

 

 

汚い状態をなくすには

 

すでにワキが色素沈着になっていて黒ずんで見えるなら、今やっているワキ毛処理方法を見直すべきでしょう。

 

多くの人が手軽さからお風呂に入るついでにT字カミソリで剃っているのですが、この処理方法が一番色素沈着しやすく危険なワキ毛処理方法なんです。

 

ワキ毛処理を始めてから何百回、何千回も剃っているわけですから、黒ずまない方がすごいので、ワキの色素沈着は特別なことではありません。この状態をなくすには、まずはカミソリでワキ毛を剃ることを辞めることです。まずは原因を失くすことが大切。毛を剃っているつもりで一緒に肌の表面も削っている状態から抜け出すことがきれいなワキにするためのポイントになります。

 

 

きれいなワキになるためのワキ毛処理方法とは

 

カミソリを使うのを辞めても、ワキ毛を生やすわけにはいきません。ワキ毛の処理をしながら色素沈着をなくしていくには、一番良いのが脱毛です。

 

脱毛は、ワキ毛処理だけでなくムダ毛処理方法の中で一番肌に負担が少ない方法なんですが、その理由は肌を傷つけにくい処理方法だからです。

 

剃ると皮膚に直接刃を当てて皮膚から飛び出ている毛の部分を削りとっていきます。なので、皮膚も一緒に削ることもあります。

 

その一方で、脱毛は毛を抜くために行います。脱毛サロンで行なっている処理方法は、黒いものに反応する光を利用して処理するので、皮膚には影響が少ないのです。もちろんダメージゼロではないので、日焼けをしないようにとか、脱毛後にしっかりとクールダウンしたりとお手入れする必要はあります。

 

肌への負担そのものが少ないだけでなく、後のお手入れもしっかりと行なうので、脱毛が一番ワキをキレイにできる処理方法なのです。今は脱毛料金が安くなっているし、特にワキ毛だけなら100円で何度も毛がなくなるまで繰り返し通えるのでワキが汚いと悩んでいるのなら、ワキ毛脱毛はおすすめです。

ホーム RSS購読 サイトマップ