脱毛クリームでワキ毛を処理したらどうなる?

脱毛クリームでワキ毛を処理したらどうなる?

脱毛クリームでワキ毛を処理したらどうなる?

【おススメ】
え?ウソみたいだけどほんとのハナシ! ワキ脱毛が勧誘もされず追加料金もナシで100円だけで可能

 

※ミュゼの12月のキャンペーン期間に申し込みすると100円だけで追加料金ナシでワキ毛とVラインが回数無制限で脱毛し放題となります。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 


 

剃ってもすぐに生えてくるし一本ずつ抜くのは面倒・・・

 

そうだ!脱毛クリームがあるじゃない。

 

ってことでワキ毛を脱毛クリームで処理したことがあります。最初は、かなりいい考えだと思ってたんですが、やってみるとそんなにいいワキ毛処理方法じゃないな。という結論になりました。

 

ワキ毛を脱毛クリームで処理した結果感じたことは、時間や手間がかからないと思ってたけど、意外と手間がかかること、楽と言えば楽だけどそれを差し引いてもこの処理方法は肌に悪そうと感じてしまうのであんまり頻繁にやりたくないと感じました。

 

感情的や私的な感想になりますが、その理由やどうしてそうなのか?客観的な脱毛クリームのメリット・デメリットについて説明していきます。

 

脱毛クリームの使い方・選び方

 

脱毛クリームはたくさんの種類が販売されているのですが、どれも毛を溶かして抜く、そのための成分が入っているという点でほとんど変わりがありません。なのでほとんどの人が値段でまずは選びます。

 

中には肌に合う、合わないという人もいますが、アレルギーやアトピー体質の人は脱毛クリームの使用を避けた方がいいでしょう。

 

毛を溶かして抜くわけですが、毛はケラチンというタンパク質でできていて、それに作用する成分が脱毛クリームには入っています。毛だけに働きかけるならいいのですが、実は皮膚も毛と同じケラチンというタンパク質でできています。

 

なので、脱毛クリームは肌への負担やダメージがダイレクトに行く可能性が高いので、敏感肌の人も辞めておいた方がいいですね。

 

健康な肌状態の人も擦り傷やケガなどがあるならそこを避けて使うようにしましょう。クリームを拭き取るときも気をつけて患部にあたらないようにしましょう。

 

 

脱毛クリームを使うと感動的な抜け方が起こる!

 

ワキ毛を抜く。というとイメージとして毛穴の中の毛根をポンっと引っこ抜く感じだし、毛抜きや脱毛機でやるとまさに大根を引っこ抜いているような感じです。でも脱毛クリームは毛を溶かすことで毛を処理するのでスーッと抜ける感覚でとれます。

 

毛を溶かすので脱毛クリームを塗って大体5分ほど放置してから拭き取るのですが、拭き取るときにティッシュやタオルなどに糸くずみたいにいっぱいワキ毛がついてくるので面白いです。

 

 

毛が抜けるのは面白いけど肌に良くないのはビンビン感じる

 

脱毛クリームをワキ毛に塗りつけて5分ほどおいておくのですが、その間ワキをくっつけないように、脱毛クリームが他のところにくっつかないように気をつけないといけないので短い時間だけどめんどくさいな。と思います。

 

私は敏感肌でもアトピー・アレルギーでもないので特に刺激を感じなかったのですが、敏感肌の友達が試しにやってみたい。ってことで一緒にやってみたところ、すぐにヒリヒリすると言い出してすぐに拭いて洗い流しました。

 

脱毛クリームには毛と皮膚を作っているケラチンと言うタンパク質を分解する成分とそれをより高めるための成分が入っているそうなので、刺激があるのは納得ですね。

 

異変を感じたらすぐに洗い流して!と言いたいところですが、

 

洗い流すと一瞬のこととはいっても他の部分にもその薬剤が当たってしまうのでおすすめできません。まず、拭き取る。それから洗い流す。を徹底しましょ。

 

 

脱毛クリームでワキ毛脱毛の結論まとめ

 

脱毛クリームはドラッグストアで簡単に手に入るので一時的につるっつるの肌をすぐに手に入れたいときには便利。でも、肌に負担ありまくりなので常用はおすすめできません。

ホーム RSS購読 サイトマップ