肌トラブルとワキ毛処理

肌トラブルとワキ毛処理

肌トラブルとワキ毛処理

【おススメ】
え?ウソみたいだけどほんとのハナシ! ワキ脱毛が勧誘もされず追加料金もナシで100円だけで可能

 

※ミュゼの12月のキャンペーン期間に申し込みすると100円だけで追加料金ナシでワキ毛とVラインが回数無制限で脱毛し放題となります。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 


 

ワキ毛を処理したら肌が荒れた、赤くなった、黒ずんだ。などなどムダ毛処理すると肌トラブルを起こしてしまうケースも多いです。

 

肌トラブルが起こってもたまたま肌状態が悪くて一度なったぐらいなら問題ないのですが、何度も起こす人なら少しムダ毛処理の方法ややり方を考え直した方が良さそうです。

 

ワキ毛を処理した後に痒みや赤みが良く出るなら、毛穴が埋まりやすかったり色素沈着しやすいので将来皮膚の黒ずみや埋没毛による毛のう炎などを起こす可能性が高いです。

 

そこで、ワキ毛処理をできるだけ安全に肌トラブルを引き起こさないためにはどうすれば良いか紹介しましょう。

 

 

ムダ毛処理はどんな方法も負担がかかることを知りましょう

 

ムダ毛と感じて抜いたり剃ったりするのは完全に人間が見た目の問題でやっているわけで、体の機能とか本能と視点を変えてみれば毛が生えていることは自然なことです。が、そんなことはわかってても嫌なものは嫌、要らんものはいらないわけで処理するんですよね。

 

それで、知っておいて欲しいのが、どんな処理方法であっても自然な状態ではないようにするので少なくとも負担がかかるということです。

 

カミソリを使っても電気シェーバーを使っても毛抜きや脱毛機を使ってもです。

 

だからって処理しない方法がいい。ってことじゃなく、だからワキ毛処理するならお肌もいたわりましょうってこと。顔のシミやしわを気にするようにワキも黒ずみや肌ダメージを意識して処理することで負担を減らすことができます。

 

 

肌の負担を減らすワキ毛処理のコツ

 

肌の負担を減らすワキ毛処理のヒントは、脱毛サロンにあります。

 

脱毛サロンに行ったことがある人、そのお手入れ方法を知っている人なら思いだして欲しいのですが、いきなり処理せずにまずジェルを塗って肌を保護してからワキ毛処理して終った後も美容液で保湿とクールダウンをしっかりしますよね。

 

つまり、処理するときに肌を守ることと処理後に肌のお手入れをすること。

 

がワキ毛処理の肌負担を減らすのにポイントになるのです。

 

 

ワキ毛抜く派と剃る派の正しい処理方法

 

ワキ毛は抜く派の人は抜く前に蒸しタオルなどで温めて毛穴を開いて毛穴を傷つけるのをできるだけ減らします。そして抜いた後は保湿して冷たいタオルなどで毛穴をキュッと引き締めて毛穴が開きっぱなしにならないように、冷やすことでダメージを軽減させるようにしましょう。

 

ワキ毛を剃る派の人は、お風呂で剃る人が多いのでまずはお風呂に使って肌を温め、皮膚と毛が柔らかくなった状態で剃ります。皮膚に刃が直にあたるとダメージになるのでせっけんなどで肌を保護するといいでしょう。処理した後は冷たいタオルなどでクールダウンして仕上げに保湿水やクリームを塗ってお終いです。

 

 

ワキ毛処理は処理前と後のお手入れもやった方がいいのですが、毎回やるのは面倒ですよね。でも、ダメージが蓄積されればされるほど将来肌トラブルのリスクが高くなっていくのですからやった方がいいです。

 

処理のたびに毎回ここまでお手入れできる人であれば、いっそのこと脱毛サロンに通ってみてはどうでしょうか?忙しいとは思うのですが、2ヶ月に一度ぐらい時間を作ることができれば処理時間だけなら10分程度、料金は100円でワキ毛脱毛できるのでおすすめです。

ホーム RSS購読 サイトマップ